太っている原因の多くは、浮腫み(ムクミ)だと知っていましたか?特別なダイエットをしなくても、むくみ取りで余分な水分を出すだけで、フェイスラインもボディラインもみるみる変化!もっとキレイにやせる秘訣を伝授します!


by hrkoo92

タグ:腸内環境改善 ( 1 ) タグの人気記事

むくみをとる方法

むくみの原因を知ることが、
成功への近道!!



むくみ解消のカギとなる
3つのキーワードを紹介します!



 血液とリンパの流れ

むくみは血液やリンパの流れが悪くなり、
細胞と細胞の間に水分や老廃物が滞ることで起こります。


実は血流は、腸内環境や自律神経と密接に関係しているので、
それを整える生活習慣を取り入れることで徐々に改善できます。


特にリンパは滞りやすいため、マッサージで
刺激を与えることも大切です。


f0336211_11171562.jpg
血液やリンパの流れが悪くなると、
細胞の隙間に水分や老廃物が溜まってしまいむくみの原因となる。




 腸内環境

腸を健康に保つことがキレイになるカギ

腸は体に必要なものを吸収し、
不要なものを便にして排泄する重要な器官。


腸内環境が悪いと、老廃物や毒素なども
血液に吸収されてドロドロになり、
血の巡りが悪化してむくみを引き起こします。


また腸が汚れると、腸を動かしている自律神経にも悪影響が及び、
さらにむくみの原因に。


逆に、腸内環境が良くなれば血液が綺麗になり、
栄養素や水分がスムーズに全身に運ばれるようになり、
老廃物を排出する機能も高まります。





普段から腸を健康にする習慣を心がけよう


● 極端な食事制限をしない

● 肉、魚、卵もしっかり食べる

● こまめに水分を取る

● 塩分をとり過ぎない

● 「水溶性」の繊維をとる

● 朝食にフルーツを

● 自分にあったヨーグルトを取る

● 夕食は8時前に





  自律神経


副交感神経の働きを高めるには「ゆっくり」を意識

昼間は覚醒を促す「交換神経」が優位になり、
夜は心身をリラックスさせる「副交感神経」が優位になるのが、
自律神経の正しい働き。

f0336211_12335686.jpg

しかし、ストレスの多い現代では、
このバランスが崩れた人が増えていて、
女性の約9割が、交感神経優位になりすぎています。


そんな人は、副交感神経の働きを高め、
自律神経のバランスを整えることで、
血液がよくなり、むくみにくくなります。


そのためには、まず、普段からゆっくり呼吸するなど
「ゆっくり」を意識するだけでも効果的。


その上で、腸内環境を整える食事や、
質のよい睡眠を心がけましょう。
適度な運動も大事です。


自律神経を整えることで、心のバランスも安定して、
常に魅力的な女性でいられるようになりますよ。




毎日の暮らしに簡単にとり入れられる生活習慣

● 寒暖差に注意する

● 起きたら朝日を浴びる

● 上を向いて歩く

● いい入浴を心がける

● 寝る前の1時間は静かに過ごす

● 心地よい香りをかぐ

● お腹に手を置いて呼吸してみる

● 10分余裕をもって行動する


f0336211_13091442.jpg



[PR]
by hrkoo92 | 2014-04-26 12:43